Loading...

プロフェッショナルコースのご案内

プロフェッショナルコースの概要

プロフェッショナルコースではスタンダードコースまでに学んで頂いた手技を使い、どう実際にプロの現場で限られた時間の中、効果を最大限に引き出し、「仕事」として正当な料金を頂けるレベルまで技術の精度を高めます。
また、施術の組み立て、決まった時間の中での施術などもプロへと昇華させます。

プロフェッショナルコースで学べること

スタンダードコースと行う手技は同じなのにプロフェッショナルコースが存在することはとても重要なことです。
プロの現場は多くの場合、時間で区切って仕事をしています。モタモタしていては十分に効果の出る施術ができません。
同じ時間を頂いているときに徹底的に相手の方にとって効果的な施術をするべく効率的であるところまで手技を高めます。
スタンダードコース修了時の2分の1程度の時間で同じ効果が出せるくらいに昇華させます。

マンツーマンで砥ぎ師のように

プロフェッショナルコースまでくると、合同でやってはいられません。マンツーマンで教えます。
一つ一つの手技を研ぎ澄ませ、限られた時間の中での勝負としての施術を教えるのには完全に個人に密着した授業が必要です。
集中してその一人の方の問題点を探りシャープな刃物のように仕上げます。
刀の一振り一振りがそれぞれ違い、それぞれ1本ずつ研師が魂を込めて刀を研ぎ澄ませていくような作業です。

精度を高めるということ

深層筋アプローチは圧の「留め」が長いことが特徴です。
その留めが長いということは自然と手数が少なくなるということになります。
もちろんそれでかけられる圧の総量(力積)を増やそうとしているのでいいのですが、ポイントを外して圧してしまうと、手数が少ない分ボロが丸見えになります。
そこでポイントを1つも外さない覚悟で1点1点に集中した精度の高い技術を身に付けていく必要があるのです。

「体験コース」インタビューはこちら