Loading...

受講生の声

麻生さんが施術しているところ

Inteview Vol.1

麻生和義 様

素人にも分かりやすい表現で説明もらったことで、指圧の奥深さ、楽しさを学ぶことができました。

まず、先生の説明がとてもわかりやすかったですね。

ー 体験コースを受けたきっかけは?
1年程前から趣味でランニングをしており、去年はフルマラソンにデビューしたりと徐々に本格的になってきたのですが、やはり30歳を超えた体は、ケアをしないとボロボロになってしまっていて、整体院に通っていたんですが、少しづつ体のメカニズムに興味を持つようになり、今回、体験コースを受けてみました。

ー 受講した感想をお聞かせください
まず、先生の説明がとてもわかりやすかったですね。
資料を使った説明では、深層筋アプローチの基本ポイントを中心に、具体的な体の使い方や一つ一つの動作の意味を教わったことで、 深層筋アプローチアと他の施術の違いを理解することができました。
説明を聞くにつれて、素人の自分でもできるのではと思うようになりましたね。

次にベッドを手本にした実践では、資料で理解したつもりの動作が実際に体を動かしてみるとなかなかできず、かなり苦戦しました。
腕で指圧するのではなく、体重移動をつかって指圧する動きが上手くいかず、親指の痛さも相まって最初は結構きつかったですね。
途中途中で先生にフォームを見直してもらい、なんとか改善できましたが自分の動きを自分でもチェックできるような鏡が近くにあったらよかったかなと思いました。

あと、実際の施術の前に、施術を受ける側を体験できたのは、とてもよかったです。
ただ、基本動作で教わった「指をゆっくり抜く」という感覚をつかもうと意識を集中させてようと思っていただのですが、途中からその心地よさに気を奪われて、しばし講習中であることを忘れてしまいました。

麻生さんのインタビュー 麻生さんのインタビュー

講習の終わりのころは指圧の楽しさを感じることができました。

ー 難しいと感じた点は?
人の背中を指圧する難しさですね。
この難しさは最初に説明を受けていたんですが、平らなベッドとは違い背中は傾斜や凹凸があるので、それに対応しながら指圧することがこんなに難しいとは正直思いませんでした。
また、コリを指圧しようとするとコリが横へ逃げてしまい上手く捉えることができなかったところはこの講習のなかで一番の壁でしたね。
途中、先生より棒状にしたタオルをコリに見立てて、指圧のポイントを教わったことで、ようやくコリに対する体重の乗せ方をイメージすることができましたが、一回一回、集中力を切らさないように指圧するのはかなり大変でした。
指圧が体力だけでなく神経も想像以上に使う仕事なんだと実感しましたね。
その後は少しずつではありますがコリを捉える感覚をつかめることができて、先生に褒めて(はげまして?)いただきながら、講習の終わりのころは指圧の楽しさを感じることができました。

麻生さんのインタビュー

素人にも分かりやすい表現で説明もらったことで、指圧の奥深さ、楽しさを学ぶことができました。

ー 新しい発見や意外だった点は?
最後に、希望の指圧ポイントを教わった際に目や肩の疲れをとるポイントが、頭皮マッサージにあることは意外でした。
仕事柄デスクワークが多いので、目や肩コリに悩まされていた身としては大きな発見でしたね。
まさか頭皮のコリが首から肩のコリにつながっているとは思いませんでした。
頭皮マッサージでは、背中の指圧とはまた違った難しさがありましたが、頭皮のコリがどのようなもので、どのようにほぐすのかを知ることができたのは大きな収穫でした。

当初、初めての来店、初めての講習ということもあり緊張と不安がありましたが、素人にも分かりやすい表現で説明もらったことで、指圧の奥深さ、楽しさを学ぶことができました。
ランナー仲間にもさっそく教えてみたいと思います。
スタッフの皆さんありがとうございました!!