Loading...
肩こりを指圧的に施術する整体師

コリを解きほぐし、たくさんの笑顔で
日本を元気にしたい。

腰を圧すセラピストの手

「職人の技術」は
10人も生徒がいたら教えられない

少人数制の教室で最大人数で施術しているところ

「あれもこれも」手に入れようとしては
奥義に手は届かない

稼げないのは喜ばれてないことと同義

「何も教えてもらえない」
という現場のいかに多いことか

認定証を出せるところまで

笑顔と共に「正当な対価」を頂けてこそ
プロフェッショナルと言える。

コリを解きほぐす

なごみの施術技術深層筋アプローチtechnique

黄色のマーカー部分をクリックすると、より詳しい情報をご覧頂くことが可能です。

「コリ」解き放つ間違いの無い方法

圧す手数を絞って、持続こだわり、最大限に圧の力積を生む
これで「気持ちよく筋肉が緩み血行が改善し、痛みが流れ去る
ただし、手数が少ない分「ツボ外さない技術」が必要
そして最大の圧をかけるので施術者自身にも同じ圧がかかる。「圧に耐えうる指」が必要

深層筋アプローチの力積

深層筋アプローチアカデミーで一人前の施術者になるまでway

一人前の整体師・セラピストになるまで「なやみ」 一人前の整体師・セラピストになるまで「なやみ」
一人前の整体師・セラピストになるまで「コース一覧」 一人前の整体師・セラピストになるまで「コース一覧」
一人前の整体師・セラピストになるまで「卒業後の進路」

深層筋アプローチアカデミーが選ばれる理由reason

大きな学校の5倍の濃度の授業

授業は4名までの少人数制。だから一人一人の技術を細かく修正できます。

つまり20人クラスで教える大きな整体スクールの5倍の濃度で教えられるということです。シンプルな技術ゆえの奥深さはオーダーメイドな授業でこそ体得できます。

他店の店長クラスも教わりにくる技術力

当スクールではすでにプロとして活躍している生徒さんを多く教えています。

「ここまで細かく教えてくれなかった」「これで自信が持てる」

とすでにプロの第一線で整体師としてお仕事している人に喜ばれています。詳しくは「受講生の声」ページもご覧ください。

使える技術のみを最短期間で習得

授業料を多く頂くためにあれもこれも教えることはありません。実際に使えるシンプルかつ強力な技術をピンポイントで伝授します。

おけいこコースで8時間から、プロフェッショナルコースでも50時間で習得できます。

週2回通えば2か月で週1回でも4か月でスタンダードコースを修了できます。

毎年開業者を輩出する「本物の」開業支援

代表の伊澤は1人で整体サロンを始めて、コツコツ店舗を増やしてきました。独立開業した者は8人。順調に仕事をしています。

中小企業庁「ミラサポ」にて開業専門家。経済産業省後援「ドリームゲート」にてアドバイザーを務め、「整体開業コム」の運営、起業塾の「伊澤塾」メルマガの発行、セミナーの開催など経験豊富なコンサルタントです。

立ち上げに関わった店舗のほとんどは成功しています。理論だけで開業を教える学校でなく実業を今も続けている当校で本当の支援を受けてください。今のサロン運営も間近でご覧いただけます。

開業支援は別サイトをリニューアル中です。

認定資格取得まで伴走

整体師(セラピスト)の認定資格を取得するまでしっかりサポート。
生徒さんがうまくできないのは教える側が上手くできていないと考えます。
しっかり圧が入るようになるよう最後まで伴走します。

深層筋アプローチアカデミーのスタッフ紹介staff

セラピスト桑江

桑江 僕はコリをほぐすのが好きです。
なごみの技術に出会って、筋肉がジワーッとゆるむ感覚を味わいました。
マッサージして楽しく、受けてる方も気持ちいい!とても喜んでもらえます。
なごみの技術は、シンプルですが知れば知るほど奥が深いです。
一緒に楽しく学びましょう。

整体師平本

平本 なごみの技術はとてもシンプルですが、何千人も圧してやっと分かってきたことが沢山あります。
そんな、普通は教えられないような深い、大事な部分も惜しみなくシェアしていますよ!
あなたも周りの人も幸せにしてくれる技術を受け取りに来てください。

セラピスト吉田

吉田 みなさん初めまして。吉田と言います。
何かを学ぶことは一生続くことだと思います。基本の技術。
そして卒業後に一人で考え学んで行く手助けをさせて頂ければと思います。
そして私自身も成長して行きたいと思っています。
みなさんとの良い出会いを楽しみにしています。

整体師石川

石川 深層筋アプローチでご家族、お友達、身近な方をゆるゆる笑顔に。
そのお手伝いをさせていただきます。まずは、じっくりひと圧ししに来ませんか?
一緒にゆるゆるジャパン目指しましょう!

マッサージ師伊澤

伊澤 基本こそが奥義だと思っています。最初から基本を大事にお教えしたいと思っています。そして本質としてスジの通った施術をするセラピストを多く輩出でき、あちらこちらで笑顔で元気な楽しい人たちが生まれるよう邁進したいと思います。

深層筋アプローチアカデミーのコース一覧course

当校が提供する技術を体験する2時間コース

体験コース

マッサージをやってみる

体験コースでは、まずは平らで一番オーソドックスな部分である背中~腰を使って基本技術をお伝えします。

基本とは言っても奥は深く、この一圧しができないと先に進むことができません。私は基本こそが奥義だと思っていますので体験とはいえ魂を込めて伝授したいと思います。

ご家族や大切な方にマッサージができるようになる

おけいこコース

ご家庭で整体ができる

おけいこコースでは、うつ伏せの状態での上半身の施術をお教えします。ご家庭で肩や首、背中から腰あたりが辛い方に施術する分には十分な技術です。

2時間×4回で修了となり、肩、首、頭、背中、腰、腕、手の施術ができるようになります。細かな部分が出てくるので楽しくも乗り超えるべき壁も存在します。

当校が提供する施術の基本技術をすべて学ぶ

スタンダードコース

副業として整体ができる

スタンダードコースでは、うつ伏せで上半身、下半身、また相手の方を横向きにさせて(側臥位)での全身、仰向けでの施術に加えてストレッチ、叩打法に関してお伝えしていきます。

ここまで学ぶと一通り全身に対して施術が可能で、副業レベルでご自宅などで時間を気にしない形でゆっくり施術して頂くことができます。

マンツーマンでプロに必要な技術•知識を学ぶ

プロフェッショナルコース

プロのセラピストになる

プロフェッショナルコースまでくると、合同でやってはいられません。マンツーマンで教えます。

一つ一つの手技を研ぎ澄ませ、限られた時間の中で勝負としての施術を教えるのには完全に個人に密着した授業が必要です。

集中してその一人の方の問題点を探りシャープな刃物のように仕上げます。刀の一振り一振りがそれぞれ違い、それぞれ1本ずつ研師が魂を込めて刀を研ぎ澄ませていくような作業です。

深層筋アプローチアカデミーの受講生の声voice

一覧へ
生徒さんからの口コミ

勝又 翔 様(30代)

大手マッサージサロンで店長をしていましたが、苦痛だったんです。自分の手技が気持ちいいと思えなくて。。。

生徒さんからの評判

三村 美那子 様(30代)

国家資格の学校にも行ったけど時間とお金のことを考えると行かなくてもよかったかもしれない・・・

深層筋アプローチアカデミーからのお知らせnews

コリ

コリとは筋肉が硬くなってしまうこと。それによって中を通る血行が悪くなり、ブラジキニンなどの発痛物質が流れなく痛みや辛さを感じる。

解き放つ

コリの説明で書いたように「筋肉が硬くなる」→「血行が悪くなる」→「発痛物質が流れなくなる」という流れを絶つこと。私達は筋肉を緩めて血行を改善して発痛物質を流す、という方法を取る。

圧す

「押す」と書かないのには意味がある。「押す」だと力を積極的に使って押し込むような感じになる。一方私達が使う「圧す」では体重をかけて圧がかかっていくような感じ。

手数

圧すポイントの数のこと。限られた時間の中での施術では手数が多いと一つ一つのポイントに圧をかけている時間が短いことになる。逆に手数が少ないとそれぞれのポイントに長い時間圧を加えることができる。

持続

多くの施術では圧しては戻すような圧のかけ方をして持続を使うことは少ない。圧の入り際と抜き際にかかる時間も惜しいので手数を絞って最適な圧をかける時間を確保する。

力積

力の大きさと力が働く時間を掛けあわせたもので、短い時間の圧を数多く加えるより、長い時間の圧を少なく加えるほうが大きくなる。なぜなら圧の抜き入れの時間が不要だから。図を参考にして欲しい。

気持ちよく

軽視されがちな「気持ちよさ」だが、施術の正しさをはかるときには一番の物差しになる。

筋肉が緩み

おまじない的な方法論を信じることはできなく、直接的に個人に合わせた最大の圧を直接加えることで筋肉を緩める方法を取っている。効果は皮膚にふんわりと赤みが差すので血行改善が確認できる。

血行

動脈は心臓のポンプ機能でかなり流れるが、静脈は筋肉の動きなどにも依存している。弁があるので基本的には心臓に戻る方向に流れていく。筋肉を圧していくと滞った流れも物理的に流れやすくなる。同じようにまったくポンプ機能のないリンパ行の循環も改善される。

ツボ

ここで言う「ツボ」とはいわゆる東洋思想のいうところのツボではなく、あくまで筋肉の硬くなった部分、なりやすい部分のこと。部分を示す言葉として便利に使うことはあるが、その思想を取り入れた施術ではない。

施術者自身にも同じ圧

可能な限り効果的に圧を多く加える技術であり、それはそのまま施術者に負担の大きい施術ということになる。しかしそれでも仕事として行っても体を、指を壊さない。

外さない

ポイントだけではなく、圧に基本的には体表面に垂直にかけることが重要。地面に対して垂直にしてしまうと圧が深層筋に届かないだけでなく、皮膚を引っ張ってしまう。

最大の圧

施術者の重心の移動によって体重を乗せる。体重の7-8割を親指に乗せるには美しい姿勢(正しい姿勢)をくずしてはいけない。スポーツでもなんでも正しい動きは美しい。

こだわり

大きな圧を加えられるだけでなく、揉むことによる筋繊維の破壊を防ぐ。「揉む」手技は筋繊維にクロスするように行うので痛めやすい側面がある。深層筋アプローチは深いところへ圧を静的にかけるので非常に痛めにくい。もちろん適切な圧を超えてしまうと持続の圧でも痛めてしまうので「痛気持ちいい」までに絞る。